自分で浮気調査

自分で浮気調査をする場合、手持ちのスマホだけで事足りると思っていたら大間違い!
アプリを駆使すればカシャ音くらいは消せるのですが、実際問題、性能的に役不足です。

ここでは、自分で浮気調査をする場合に役立つ調査グッズを7つ。厳選して紹介したいと思います。

 

実戦で使える浮気調査グッズ7選

スマホ連動カメラ

スマホで遠隔操作可能な小型ビデオカメラを活用して、自宅などでの浮気現場を抑えるの役立ちます。

家具の隙間や洗濯物の間等、いろんな場所に設置可能なフレキシブルコード型のスマホ連動カメラや、

WiFiスマホ連動&バッテリー駆動のファイバースコープカメラ

 

どこにあっても不自然でないモバイルバッテリー型のスマホ連動カメラ等があります。

スマホ連動のモバイルバッテリー型カメラ

 

その他、目覚まし時計型やボタン型、火災報知器型など、多数種類があるので、設置場所にあったものを選んでみましょう。

スマホ連動型ビデオカメラ一覧
スマホ連動隠しカメラ一覧

 

望遠カメラ

車内で不貞行為をしていたり、ラブホから出てくるところを録画&撮影する場合は、近くまで行ってがっつり激写!なんて事はもちろん出来ません。

そんな時に必要になってくるのが、これら望遠ビデオカメラです。

iPhoneなどに標準でついている、画質が劣化するタイプのズーム機能(デジタルズーム=写真の引き伸ばしのような仕組み)とは異なり、光学ズームなので、鮮明な画質で動画を録画、写真を望遠で撮影する事が可能です。

双眼鏡型ビデオカメラ

 

また、夜間などの暗い場所での撮影が必要であれば、以下のような赤外線暗視機能を搭載したものもありますので、そちらもおすすめです。

赤外線暗視機能搭載の望遠ビデオカメラ

 

望遠ビデオカメラ一覧
望遠ビデオカメラ一覧

 

 

ボイスレコーダー

浮気の疑いのある場所(自宅や車内など)に、仕掛けるのにうってつけなのが、ボイスレコーダーです。

だいたいのボイスレコーダーは2日以上普通に稼働し続けるので、前もって仕掛けておけるのも都合がいいですよね♪

 

以下のような確認ランプのない、見た目USBメモリなボイスレコーダーもあれば、

USB型ボイスレコーダー

 

電卓型のボイスレコーダーもあります。

電卓型ボイスレコーダー

 

ボイスレコーダー一覧

 

 

盗聴器

ボイスレコーダーと異なり、都度、回収をしなくても良いのがメリットの盗聴器

高感度マイクを内蔵した以下のような無線式盗聴器を使えば、ある程度離れた場所から音声を聞く事ができます。

無線式盗聴器

また、電話機に直接取り付けるタイプの盗聴器もあります。

(上記どちらも、電波発信型の盗聴器の為、受信機も必要です)

 

盗聴器一覧

 

 

コンクリートマイク

高感度壁マイクを使えば、壁向こうの音を聞く事が可能です。
ボイスレコーダーを接続すれば、録音しながら音声を聞く事もできちゃいます。

 

 

GPSロガー

車内などに設置して、調査対象の行動を把握するのに最適な位置情報発信機です。
簡単なものなら1万円を切る価格で手に入ります。

約80時間稼働するモデルもあれば、

USBメモリタイプのコンパクトなものもあります。

ただし、よく勘違いされるので注意が必要な事項として、このGPSロガーというものは、移動地点を定期的に記録して、後からそれを受信端末(PC等)に取り込む為のものであり、リアルタイムで位置情報を取得できません

リアルタイムで追跡する為の商品は、以下GPSトラッカーとなります。

 

GPSトラッカー

携帯キャリアとの契約でSIMカードを購入。本機に取り付ける事でGPS情報を送信する事ができるタイプの位置情報発信機です。

 

大抵は以下商品のようにSIMカード別売りですが、

以下のように、SIMカード込みで販売されているものもあります。

ただし、かなり高価なものとなるので、短期間ならレンタルで済ます方も多いようですね。

レンタルGPSの比較

 

まとめ

上記7つすべてを購入する必要はもちろんありません。

浮気を疑っているレベルでしたら、「ボイスレコーダー」や「GPSロガー」を車内に設置して動向を調べる。
浮気の可能性が濃厚ならば、「スマホ連動カメラ」や「GPSトラッカー」を駆使して状況証拠を確保。
浮気確定ならば、「GPSトラッカー」で追跡後に「望遠カメラ」で決定的証拠を激写する。

など、状況に応じた必要最低限のグッズを購入するのが吉かと思います。